【高収入の薬剤師求人】探し方※コツを掴んで探し放題!!

トップページ

    薬剤師ってもっと高収入だと思っていたのに・・・と思う薬剤師は多いですよね。実際私もそうでした。一般的な調剤薬局やドラッグストアの平均年収は400万~600万と言われています。 同じ医療関係である医師は勤務医・開業医で違ってきますが、平均年収1100万円と言われていますから、苦労して国家試験を通ったのにと悲しくなりますよね。

    日本では2006年から薬学部が4年制から6年制となり、国家試験が難化していると言われています。 元々は薬剤師の教育を充実させ、医療の質を向上させるという目的で始まった薬学部の6年制ですが、 実際は薬剤師の人数を抑えることが目的だったのではと言われており、大手企業はもちろん、特に地方の薬局などでは薬剤師不足が深刻化しているのが現状です。 そういった深刻な薬剤師不足から、高収入を出してでも薬剤師が欲しいという企業や薬局は実はたくさんあるのです。

    では、どうやって高収入の薬剤師求人をみつけるのかというと、やはり薬剤師専門の転職サイトに登録するのが一番の近道です。 転職サイトに登録すると専任のコーディネーターがついてくれ、求人の紹介、年収・条件交渉などをサポートしてくれます。 転職サイトには非公開求人も多くあるので、自分の希望条件や年収を伝えると、その中からコーディネータがピックアップしてくれ、紹介してくれるのです。 しかも転職サイトの利用はすべて無料です。

    年収の交渉などは、自分ではやりにくいものですが、コーディネータに任せれば安心ですし、粘り強く交渉してくれるので、かなり助かりますよね。 高収入の薬剤師求人を探しているなら、ぜひ下記に紹介しているような薬剤師専門の転職サイトに登録してみてください!

    ファルマスタッフ

    薬剤師の転職を考えている方は、まずはコチラ!ファルマスタッフがオススメです。 ファルマスタッフは、株式会社メディカルリソースが運営している転職支援サイトです。日本調剤のグループ会社でもあるため、薬剤師に特化した求人が多数あります。

    また、単に求人を紹介するだけでなく、薬剤師としてのスキルアップのプログラムを提供しています。さらに、北海道から九州まで、全国各地の15箇所で転職相談会を開催するなど、他の薬剤師の転職サイトとは一線を画するサービスが豊富な点も嬉しいですね。

    求人数で見ると、ファルマスタッフで2018年5月現在に掲載されている求人数は、業界でもトップクラスの45,000件を超えています。 そのため、「産後復帰して働きたい」「高時給の職場を探したい」「土日は休みの職場で働きたい」などの、細かな希望を叶えてくれる職場もたくさんあります。

    面接の際には、転職専任のコンサルタントの方も同行していただけます。 給料や労働条件などの交渉も行っていただけますので、企業側と直接的に行わなくて良いという点でも、安心して転職活動に臨む事が出来ます。






    マイナビ薬剤師

    薬剤師の求人利用者の満足度が5年連続でNo.1の転職サイトが、マイナビ薬剤師です。 就職・転職サービスでの業界大手のマイナビが運営しているため、認知度・信用度も非常に高い、安心と信頼の薬剤師転職支援サイトです。

    大手企業ならではの、充実したサポートや全国規模(北海道から九州まで14箇所)のネットワーク体制が整っているため、薬剤師としてブランクが空いた方や、地方出身者の方にも強い求人サイトです。 マイナビ主催のセミナーにも、無料で参加することができますよ。

    マイナビ薬剤師のサイト上では、転職お役立ち情報や薬剤師専門のアドバイザーはどんな方がいるのかを知ることもできます。 キャリアアドバイザーと電話やメールだけでなく、実際に会ってしっかりと丁寧に時間をかけて話や相談が出来たり、転職後のアフターサポートにも対応しているので、転職に成功してハイ終わり!ということはありません。 実際に働いてみて困ったことなど、いつでも相談してください。






    アプロドットコム

    アプロ・ドットコムは、5年連続で求人数日本一となった転職支援サイトです。 現在は、求人数よりも求人の質と求人利用者の方の満足度の向上のため、求人数にはこだわらないようになったのですが、それでも求人数は他社に負けない数の掲載があります。

    アプロ・ドットコムの薬剤師求人の特徴として、調剤薬局やドラッグストアの求人数が比較的多いという点があります。 さらに、面接にも同行していただけますので、知らない土地での転職活動でもスムーズに進めることが出来ますね。

    中でもオススメしたいのが、アプロ・ドットコムのサイトで紹介されている、代表取締役の大山恵理子さんのコラムは必見です。 大山さんは薬剤師でもあるため、「薬剤師がいま何を知りたいか」「何を求めているのか」が同じ薬剤師の立場として非常に共感できる記事が掲載されています。 薬剤師の職場選びのポイントなど、非常にタメになる内容もご紹介されていますので、ぜひ一読してみてくださいね!






    リクナビ薬剤師

    リクナビ薬剤師は、人材派遣で広く知られているリクルートグループが運営する人材紹介サイトで、こちらも薬剤師求人に特化したサービスを行っています。

    求人の登録は、インターネットからでも電話からでもどちらでも可能です。 さらに、転職まで最短で3日というスピーディーさもあり、出来るだけ早く次の転職先を見つけたい方にはリクナビ薬剤師がオススメです。

    リクルートグループが母体となっている大手の転職サイトというだけあって、掲載されている求人は大手の調剤薬局やドラックストアが多いことも高ポイントですね。 企業側とのやり取りも、もちろんリクナビ薬剤師専属のコンサルタントの方が行っていただけます。

    リクナビ薬剤師を利用して実際に転職した方の口コミに多いのが、リクナビ薬剤師で扱われている求人の75%が非公開求人となっているため、リクナビでしか紹介されていない非公開の求人数の圧倒的な多さという点です。 そのため、え?こんな求人があったの?知らなかった!という、思わぬ出会いもありますよ♪






    ヤクジョブ

    ヤクジョブは、転職求人サイトとして21年の実績を持つ、信頼のおける薬剤師専門の転職サービス会社です。医療や福祉分野に特化したクラシス株式会社が運営する転職サイトなので、安心して転職活動を行うことが出来ます。

    ヤクジョブは、北海道から沖縄まで全国展開で支社や支店がありますので、どの地域の転職にも十分対応可能となっています。さらに、薬剤師として正社員からパート社員、派遣・単発やスポットなど、様々な働き方に対応した職種を紹介していただけますので、求人利用者のニーズによって多様なサポートをしていただけます。

    転職をサポートしてくれるコーディネーターの方がどの方も非常に丁寧だと評判なので、具体的な条件をしっかりと納得した上で求人に応募することができます。そのため、子育て中のママが短時間だけ勤務したい方や、土日だけの単発での求人などの細かな相談もしやすい転職サービスでもあります。